雑学

BCC と CC

メールの一斉送信の時に便利なCCとBCCの違い。
念のため違いを備忘録。

CCカーボン・コピー(Carbon Copy)の略と聞けばわかりやすい。
toの宛先へ送信するメール内容・送信履歴をみせたい相手のメールアドレスを入力します。
CCに指定された宛先は、toと同じく受信したメンバー全員に表示されます。toの人にもみえます。
BCCブラインド・カーボン・コピー(Blind Carbon Copy)の略。
ブラインドなので見えないようにですね。
to・CCの宛先に送信するメール内容・送信履歴を、
誰にもみられずにこっそりみせたい相手のメールアドレスを入力します。
BCCに指定された宛先は、送信者以外には表示されません。
もちろんtoの人もみれません。

全員に送りましたよーとみせたければ、CC。
こっそり知らせたいときはBCC♪(´ε` )

toにいれたら全てに見られます。
私はBCCで大量に送るときはtoに自分のアドレスいれてます。
CCは代表者がいればその方、いなければやはり自分のアドレス。

ちなみにtoを、空欄にすると受信者には
宛先Undisclosed-Recipientという表示になります。

うっかり間違えないようお気をつけください^ – ^