Google

Google Workspace(旧 G Suite)の二重配信設定について

メールの不調かなり心臓に悪い。
私だけでしょうかw・・・とはいえ誰でも嫌ですよね。
設定の依頼がある折に忘れぬうちにどんどん備忘録かいていきます!

サーバメールでこちらで設定しているけども
最近は便利なツールが増えGoogle Workspace(旧 G Suite)や
LINE WORKSなどでメールを管理されたい方おられます。
文明の利器ですなぁ。
しかし、すでにサーバメールとしてお使いいただいている場合に
切り替えの時にうまくいかず不具合など出ることあります。

今回は、サーバメールを利用していて
Google Workspace(旧 G Suite)に切り替える時にリスクの少ない
2重配信の設定方法を記載します。

正確には、完璧な切替というわけではなく
サーバにもメールを残しつつ
Gsuiteでもお使いいただくという方法です。
そのため、もしもの失敗時も
サーバにメールが残っているので安心w
これでずっと使うのは
Googleとしてはおすすめしない方法の様子。

仕組みとしてあGoogle Workspace でユーザーアカウントを作成と同時に
テスト ドメイン エイリアスが作成されます。
そこでメールが受信できるようになっています。
ユーザーアカウント 〇〇@〇〇.com の
テスト ドメイン エイリアスは 〇〇@〇〇.com.test-google-a.com 。
〇〇@〇〇.com.test-google-a.com宛のメールは
ユーザー 〇〇@〇〇.comの受信トレイへ送信できるという仕組み。

この機能を利用して現在のドメインのメール配信先は変更しないで
現在利用中のメールサーバーの管理画面から
テスト ドメイン エイリアスのメールアドレス宛に
メールを転送することで、メールの二重配信ができます。
メールサーバーの設定を変更しないので、リスクが少ないと思います。

こんな感じです。
便利系ツールは新規でアドレス取得するときに
一緒に設定しちゃうのが楽です。
いろんなパターンに対応できるよう
日々是勉強ですな。