Google,  注意喚起

Googleを装う詐欺メールを見破るには

これめっちゃありますね。
忙しい時に見るとふと
押しそうになっちゃうw

念のため見破り方
記載しておきます。

Google からのメールの場合、「From」アドレスに「@google.com」が含まれ、「Return-Path」にも「@google.com」が含まれるはずです。第三者からのメールである場合、相手が本当に Google パートナーかどうかを確認してください。

https://support.google.com/google-ads/answer/2375460?hl=ja

また厄介なことに
表面上のアドレスは変更できたりします。
それについては過去記事にありますが
こちら『本当の差出人を見破るには!』ご参照ください。
あの手この手でひっかけにかかります。
気をつけてください。

メール内のリンクをクリックする前に、リンクを右クリックして [リンクの URL をコピー] または [リンクの場所をコピー] をクリックします。次に、コピーした内容をテキスト文書やテキスト フィールドに貼り付け、実際のリンク先 URL を確認します。URL のリンク先が、「google.com」上のページでない場合、Google のものではないウェブページに誘導される可能性があります。

https://support.google.com/google-ads/answer/2375460?hl=ja

中についているリンクはすぐに押さずに
しっかりと確認してください。

末尾がgoogle.comのアドレス(例: accounts.google.com)
だとしてもなりすましメールだということも十分にあり得ます。
送信元アドレスの情報を鵜呑みにしてはいけません。

なりすましメールかどうかは
メールのヘッダー情報から送信者情報を
調べてください。